SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ドラマ 『相棒』season19 第十九話「暗殺者への招待」を視る。




 クリスティ原作の「死との約束」みて

犯人も動機もわかっていたが面白かった。

 やはりミステリドラマは視てしまう。


特命は出雲れおん銃撃の黒幕と

おぼしき人物と会う。

 また甲斐とも会う。

甲斐が言うには

警察上層部や役人は

黒幕に買収されているようだ。

 世相を反映したドラマらしい。

出雲を撃った犯人は逮捕された。

金目当てでやったというが、
 
弁護士が付くらしい。

 この犯人の朱音という女が

供述をひるがえしかねない。

 出雲れおん銃撃事件についての

物証はそろっているが

決め手がない。

 中郷弁護士はその決め手の弱さを

ついてきそうである。

 謎なのは主に企業の顧問をやっている

エンパイヤ・ロー・ガーデンの弁護士が

弁護を引き受けるということである。

 1話で死んだ男の母親が

朱音の面倒をなにかとみている。

 母親は死んだ息子の部屋に住んでいる。

特命は捜査一課から嫌がらせを

受けて、容疑者には接見禁止になっている。

 出雲れおんは憤懣やる方ないようである。

「保留」となっているので

朱音容疑者は中郷弁護士と

なにを企んでいるのか?

 また件のIT長者は何を企んでいるのか?

ここに内閣調査室が絡んでくる。

 朱音の件は不起訴になれば(すれば)

検察はコレ以上何もしなくてもいい。

 朱音しずか殺人未遂について認めたが

IT長者の葛西の関与は否定した。

 これではIT長者を罪に問うのが難しくなった。

ここまでで半分。


 供述ひるがえしたのは

当然「金」でころんだのだが

その金はどうやって渡したか?

被疑者・被告として勾留中である。


 ネタばれは避けます。

 大体結末は予想がつきましたが

まあ金しかないなあという世界です。


 今回の作品は次回へと続いています。