SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

変な夢をみた。外国人の時代劇と高尾山の図書館。


 6月になりました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

煮え切らないお天気ですね。

雨は降る地域には降っているし

真夏日になる地域はなっている。

 夏になっていってるのでしょう。

今朝ははやく起きたのですが

変な夢をみました。

以下は夢の中でのことです。


 どういうわけか

時代劇の映画を撮影しろというので

配役を確認したら

全員がベトナム人なのです。

こんな時代劇あるのかと思うと

過去の文献をみると

全員外国人(アジア人)の時代劇がいっぱいありました。

 その文献を読んでいたら

いつのまにか病院の廊下にいました。

病院に夜までいて

文献を読み続けると

かえってほしいといわれました。

 電車に乗って帰ると

いつのまにか電車の中で

眠ってしまい。

 高尾山までいってしまいました。

のり違えたのでしょうか?

 なぜかしら高尾山に

大きな図書館があるので

いってみると

職員が全員外国人でした。

 外国人の時代劇の文献はあるかと

きいてみたら

「ある」といって

10冊ほど持ってきてくれました。

 読んでいると真夜中に近くなって

かえる用意をして

駅で電車を

待っていると

線路に落ちてしまい

やっとのことで線路からホーム行くと

そこに電車がきました。

あやうく轢かれるところでした。

 そこで目が覚めました。

以上が夢の中でのことです。

 疲れているのか

こんな変な夢をみることがありますね。