SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

聖文新社が廃業していた!

www.nikkei.com


  記事では概要しかわからないが・・・


開成高校の中原道善先生(故人)が書いた『マスター英文法』が

金子書房(まだあったんだ)から出るというので

金子書房からは碩学・江川泰一郎氏が書いた名著『英文法解説』が

出ているので

ライバル本を出すというのは

それはいったいどういうことだろうと

思っていたら

聖文新社は去年(2020年)の7月に廃業していたのだった。

社員も高齢化していたらしい。

老舗がまた消えた。


 中原先生の『マスター英文法』は

最初は吾妻書房

(うちにあったのはこの吾妻書房版である)

という出版社から出ていたが

そこがなくなって

 聖文新社から出たのであった。

まさか聖文社(最初はこうだった)がなくなるとは

そして聖文新社もなくなるとは。

 時代や時間の流れとはいえ

驚いた。

 資料集のような数学の問題集も

出していたのだった。

地味にいい出版社だったのだ。

 出版業のはかなさを感じる。

戦前は日本一の出版社だった

博文館もいまや日記の出版社である。