SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

北野武氏襲撃される。小林信彦氏との確執を思い出した。

 タレントのビートたけしさん、北野武さんが

TBSの敷地内で襲撃されてしまいました。

幸いお怪我はなかったようです。


 これで思い出したのは

たけしさんと作家・小林信彦さんの

確執です。

 話は1980年代前半まで

さかのぼりますが

 小林先生は武さんが出てきた最初のころ(80年代前半)は

たけしさんには好意的でした。

 が、前向きの批判も行っていました。

これがたけしさんは気に入らなかったのでしょう。

 たけしさんは作家・中上健次氏との雑誌の対談で

ついに小林信彦さんの名前を出して

反論してしまいました。

 これに小林信彦さんも反論して

両者の仲は決定的になってしまいました。

 以降小林さんは芸能史でも

たけしさんに触れることは

少なくなりました。

「日本の喜劇人」での記述も

変更してしまいました。

 最後の(と思われる)「決定版 日本の喜劇人」

でもやんわりと触れているだけどなってしまいました。

(この辺は読む方によっても違ってくるでしょう。)

日本の喜劇を語るうえでかけがえのない

二人の確執は残念なきもします。

  喜劇人の血液型タイプ分けでも

かつてはたけしさんをO型代表みたいに

扱っていたのに

最近のコラムでは

いなかったみたいな扱いになっています。