SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ソ連消滅から30年。ゴルバチョフ氏「ロシア国民は民主的」。

news.yahoo.co.jp


クリミヤ、ウクライナ問題で

何かと話題のロシアですが

ソ連がなくなってから

30年経ちました。

 1991年のクーデターも

あっさりと終わりました。

当時の大統領だったゴルバチョフ氏は

お元気です。

 ゴルバチョフ氏が書記長になったときに

東側は割れてソ連は崩壊が始まって

東欧諸国も続々と社会主義を放棄していったのでした。

 中国はあせって

このころから日本叩きを始めました。

 ゴルバチョフ氏の「功績」は大きいですね。

 この人が出てこなかったら

今の平和はなかったでしょう。

 ロシアは民主的な国かどうかはわからないのですが

選挙で選ばれた政権というのは

いちおうそうですね。

 ロシア人は政治伝統的に

専制君主のような指導者が好きなようなので

現在のトップのプーチン氏は

それを熟知してそのようにふるまっています。

 今の政権が続く限り

あまり民主的とはいえないでしょうね。

 ゴルバチョフ氏は故エリツィン氏と

同年の生まれですが

スターリントロツキーのような

ライヴァル関係でした。

 ゴルバチョフ氏は長生きして(じゅうぶん長生きですが)

ロシアの行く末をみていただきたいですね。