SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

埼玉県立てこもり事件の人質男性医師が死亡。

news.yahoo.co.jp

埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件。

人質になっていた40代医師が死亡してしまいました。

男性理学療法士も重症だそうです。

あと30代医療関係者も催涙スプレーをかけられた。

 この容疑者は何を思って

犯行に及んだのか?

 容疑者の家族が訪問介護

受けていたようです。

 医療関係者が弔問に訪れるのも

異例のような気がしますが

訪問介護ならあるかもしれません。

 この容疑者は1年ほど前に引っ越してきたようで

お母さんの介護をずっとやってきたようです。

お母さんは90代で亡くなっているようです。

 容疑者はその介護に不満があったようです。

これが動機か?


 平成3年のころ

医療関係者と話をしましたが

高齢者医療の担当の医師は気楽でいいという話でした。

小児科なら子供が死んでしまうと担当の医師や看護師や病院は

遺族からひじょうに恨まれるというものでした。

最悪訴訟も起こされる。

 平成も終わって

令和になってそうもいっていられなくなった。

 高齢化が進んで介護者も高齢化してゆき

介護者が思いつめられることが多くなってきました。

思いつめた人の感情はわからないですから。