SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

小林信彦著『日本橋に生まれて 本音を申せば』を読む。

 週刊文春に連載されていた

小林信彦先生のコラム「本音を申せば」

をまとめた最後の1冊です。

 前半のⅠは著名人との出会いと別れを書いた

「奔流の中での出会い」(2018年から2019年)をまとめたもので

後半部分のⅡは2021年の「本音を申せば」をまとめたものです。

 Ⅰのほうは著者が若いころから老年までに

出会った人たちのエピソードが書かれています。

 1960年代からが中心です。

 Ⅱは2021年は日々の愉しみを書いたものです。

1998年から2021年まで足掛け23年続いたコラムでしたが

ついに終わりました。

 私はこのコラムを目当てに

週刊文春を買い続けていました。

 筒井康隆氏のWEB上の日記も終わってしまって

愉しみが少なくなりました。
 
 小林先生の作品やコラムは

これからも読み続けていくことになると

思います。