SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

名乗らない人が増えました。

 あまり電話をかけることが

多くなくなっているのですが

電話にでると

名乗らない人が

多くなってきたなと

感じます。

 職場ではないのですが

定期的にかかってくる

謎の電話があるのですが

まったく名乗らないですね。

 中高年と思しき人からの

電話です。

 名乗らない人には応答しないようにしているのですが

当人は気が付かないようです。


 固定電話の時代(今もつかっていますが)には

外資系の会社とうちの電話が同じなのか

似ているので

しょっちゅう間違いの電話が

かかってきました。

 社名がわかったので

その会社に知らせたら

社長の秘書がお菓子もってお詫びにきました。


 また野菜の取引をしているであろう

間違い電話がかかってきて

留守番電話に

延々と野菜の種類や個数や値段などが

録音されていました。

 間違っているのは先方なので

こちらのしったことではないと

ほっておいたら

5回ほど間違い電話が録音されていました。

最後の方には怒気がありましたね。

 自分が電話番号を間違っているとは

考えていないのでしょう。


 何がいいたいのかというと

世の中考えない人が多いのだなあと思います。

確認しない人も多いのだろうなとも思います。

 LINEは嫌いなのでつかっていないのですが

表示されるLINEというのは便利なのかもしれません。


 もしも自分が間違えているのではないか?と

気を回す想像力のない人が増えたのだろうと

思います。