SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

映画監督と性加害。鈴木砂羽さんの書いたもの。

  知人で映画監督になってる人がいる。

ウイキペディアには名前は載っている。

もともと映画監督になるつもりはない人で

大学は浪人して

他の学部を受けて受からなかったので

受かった芸術系の学部にしかたなく進学したという。

 映画には興味はあったようである。

昔、話をしたが

クリエイター特有の傲慢なところはあって

映画作家ともなると

こうなってしまうものかなとおもった。

 最近は連絡はマメにとっていないが

映画の趣味は合うので

たまに話すことはある。

 高橋伴明監督をどう思う?と

きいてみたことはあるが

まあいいんじゃないのかという答えだった。

 高橋監督といえば「愛の新世界」である。

「愛の新世界」といえば

鈴木砂羽の代表作である。

そして

 今話題の鈴木砂羽さんの発信である。

私は水に落ちた犬をたたくのは嫌いであるが

ここぞとばかり書いている。

https://note.com/sawasuzuki/n/n9f158e9b878b


 これを読むと

当該の監督が誰か少しはわかるような気がする。

業界の悪習である。

 かの業界の成功者には

年配の人中心に酒飲んでガハハとなる人は多い。

酒に女にという人も多いらしい。

 私の知人の映画作家

酒飲んでガハハのタイプである。

 酒席でそういうのは嫌いだとはいっているが

酒が入るとそうなるらしい。