SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

戸籍記載「キラキラネーム」を容認へ

news.yahoo.co.jp


国がキラキラネームを戸籍に記載するのを

認めるようです。

 地味な名前がなくなってきましたな。

キラキラネームといって思い出すのは

「悪魔ちゃん」騒動です。

平成5年に昭島のほうで

自分のお子さんに「悪魔」と名前を付けたいと

言い出したお父さんが現れた。

 そのお父さんはのちに覚せい剤で逮捕されました。
動機は、ヤクザに憧れてヤクザになりたかったからだそうです。

このころからキラキラネームは話題になったと思います。

(当時はキラキラネームとはいっていませんでしたが)

お子さんの名前に個性を持たせたいという人たちがいるのでしょう。

個性重視の育てられ方で育ってきた

団塊ジュニアの世代がそのようです。

その全部を否定するものではありません。

 わたしは個性もじぶんらしさもないと

考えますが、

まあそれはいいです。

 しかし、実務での対応が困る。

まず読めない。読めないのは困る。

無理やり読んでみるが間違っていたら

どうなるか?

 あと将来的なことでは

就職に困るのではないかと

考えられます。

 アメリカでも日本でもそうですが

地味目な名前の子どもは賢い。

親が保守的というか現実的な

考えをもっているといえるでしょう。

 自分の子に安定した人生を

送ってほしいと願っているのでしょう。

こういう保守的な親の子らはえてして学業優秀で

まともな会社に就職します。

 キラキラネームの子らはどうなるか?

というと

まず進学ではねられる可能性はあるでしょう。

小学校や中学受験なんかしなきゃいいと

いえばそうですが。

つぎに就職ではねられることもあるでしょう。

 親がまともなら子もまともだろうと

世の大人は考えるからです。

世の中保守的なものです。

 まともな名前つけられた子はまともに育てられてるだろう。

MARCH以上の学歴があれば仕事も大丈夫こなせるだろう

みたいなものです。

 お母さんに「王子様」となずけられた

青年が危機感を感じて

自分の名を改名した事例があります。

 お母さんの気持ちとしては

息子は自分だけの「王子様」なのでしょうが

子としては気に入らない。学校やバイト先で笑われる

これから先の人生どうなるかわからないということで

改名にふみきりました。


 今お子さんが産まれて

名前をつけようとしてるお父さんやお母さんは

お子さんの将来、先のことも考えましょう。



 最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。