SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

植松死刑囚が語った再審請求についての思い。

植松聖死刑囚が自ら語った再審請求についての思い 篠田博之[月刊『創』編集長](創) - Yahoo!ニュース

 昨日、秋葉原殺傷事件の犯人の加藤智大死刑囚の

死刑が執行された。享年39。

 あと昨日は和歌山毒カレー事件から

24年目であった。

なにかの偶然であろうか?


相模原障害施設殺傷事件の植松死刑囚が再審請求をしている。

死刑は受け入れる様子だが

再審請求はしたいようである。

 再審請求がされている間は死刑が行われないのが

慣例である。

 が例外もとうぜんあって

宮崎勤元死刑囚は執行された。


 私が小論文を習った駿台の小論文の先生が

植松死刑囚と文通をしていた。

 最首悟さんというかたである。

最首先生はお嬢さんが障害者である。

だから植松の思想には衝撃を受けるのだろう。

 
 死刑が確定すると面会が制限される。

植松死刑囚はそれを懸念している。

人殺しても自分は人に会いたいという

気持ちはあるんだろうな。

 殺された人たちはもう誰にも会えないんだが。