SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

蛭子能収さん、認知症で介護施設のショートステイを利用。

news.yahoo.co.jp


 妻に先立たれたうちの従兄が親の介護していますが

大変のようです。

介護度は3~4くらいだとおもいます。

 介護は社会資源を活用した方がいいとおもいます。

一人で抱え込むと大変です。

 漫画家、タレントの蛭子能収さんは

アルツハイマー認知症レビー小体型認知症

罹患しているようです。

 認知症は80種類くらいありますが

アルツハイマー型やレビー小体型はその認知症の中でも

多い認知症です。

 幻覚や妄想がわいてくる症状があります。

うちの親戚にもレビー小体認知症の人がいまして

幻視や妄想がひどいようです。

幻視は真冬に自宅に鳥や動物がいるとか

妄想は脳が解けていくとか、深夜に同僚の仕事を手伝いにいくと言い出して

外出しようとするとか。

 病識があるときはあるようですが

ないときはないようです。

 1980年代には認知症(当時は「老人呆け」といっていた)になるのは

150人に1人くらいだったのですが

今では5人に1人くらいが認知症になるといわれています。

 喫煙や飲酒はリスクになっているようです。

気を付けたいものです。