SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

また変な夢をみた。

 かなり寒くなってきました。

明日は小雪です。

明後日の勤労感謝の日は今年最後の祝日ですが

天気は悪いようです。

 寒いせいというのでもないでしょうが

また変な夢を見ました。

以下は夢の中でのことです。

 病気になったらしく、とりあえず

病院に入院することになったのだが

病院にいっても病室がみつからない。

「494」という不吉な数字の病室なのだが

何階にいってもみつからない。

 誰に聞いても何もわからないという。

しかたなく仮の病室に入院することになったが

その病室も「49」という数字の病室で不吉である。

スタッフの対応が杜撰で誰に何をきいても

わからないという。

 病気がなにかもわからない。

医師も看護師も病室に来ない。

その「49」号室で寝ていたら

スタッフから「退院してください。」といわれる。

今日入院したばかりで退院というのは

おかしいのではないかというと

「では一泊だけで退院してください。」といわれる。

しかたなく寝ていると朝になった。

荷物をもって退院の準備をしていると

他の患者がきてすぐに入院するという。

何がなんだかわからないまま退院して

病院を後にした。

以上が夢の内容である。

 疲れているのか具合が悪いのか

変な夢をみたものだ。

 病院や学校やホテルでカフカ的な夢をみることは

よくある。

今回も(寒さもあるが)疲れているのだろう。