SNOWLOGの日記

日々読書、日々静かに暮らすことを目指すブログです。Twitterもやっています。

中原中也「冬の長門峡」を読む。

nakahara.air-nifty.com


まあ寒いです。

寒いときに思い起こす詩があります。

 中原中也の「冬の長門峡」という詩ですね。

子どものころから知っていた詩です。

子どもの頃は「長門峡」を何と読むのかは

知りませんでした。

 長門峡山口県内の景勝地です。

実際に冬に長門峡にいってみたことが

あります。寒かったです。

電車もなかなかこなくて

本当に寒く感じました。

交通アクセスもよくなかったですね。

「寒い寒い日なりき」ってのは

本当にそう感じました。

 中原はなぜこの詩を書いたのか?

子どもの頃に親しんだ風景を懐かしくおもったという

説がありますが、

長門峡の開発は中原中也が京都の立命館中学にいったあとの

ことなので

これは事実には符合しないですね。

 長門峡にいったときは友人といっしょにいったそうです。

この友人とは中原中也といちばん仲がよかった

安原喜弘で、周囲の人間と喧嘩ばかりしていた

中原もこの安原喜弘とだけは

そういうことはなかったようです。

 その仲が良い友人と旅行したのでしょう。

「ああ、ーーーそのような時もありき!」

というフレーズに中原の友人の大岡昇平は違和感を

感じたようで評論で言及しています。

 どのような心境でそうなったのか?ということです。

わたしはごく自然に、ああ、そんなときもあったな

とおもったと

おもうのですが。

 寒い寒い日なりき。