SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ロシアがウクライナ政権転覆画策か?

news.yahoo.co.jp


かつてアメリカ合衆国大統領

バラク・オバマ氏は

「世界の脅威は

 ロシアとイスラム国とエボラ出血熱だ。」

といっていましたが、

ロシアは今も脅威のようです。

 オミクロン株よりも

ロシアのウクライナ侵攻の方が

危ないと思います。

 2014年のクリミア危機も

その可能性があったのですが

今度のウクライナ侵攻の怖れは

第三次世界大戦の引き金に

なるかもしれません。

 ロシアとしてはNATO

これ以上東に来てほしくないのでしょう。

ウクライナNATOに加盟すれば

ミサイルがモスクワまで500㎞の

ところに来ます。

すぐちかくにやってくるというコトになります。

 それだけはなんとしても

避けたい。

 だからウクライナへの侵攻を

考えているのでしょう。

 奇しくもキューバ危機から

今年は60年目の年です。

 ケネディフルシチョフ

第三次世界大戦起こしかけてから

60年経ちました。

 歴史は繰り返すのでしょうか?

そうあってはほしくないですね。