SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

神保町の三省堂書店本店が一時閉店。

https://www.asahi.com/articles/ASQ5671YRQ52ULEI00F.html

 お茶の水駅のお茶の水橋口から降りて

明治大学の方に向かって

坂を下りてゆくと

その坂の下にあるのが

三省堂書店神田本店です。

 東京一の新刊書店ですね。

東京一ということは

日本一かもしれません。

 最近はそうでもないのですが

昔の書店員は商品知識が豊富でした。

(今はそうでもありません。)

 どの著者のどの本がどの出版社から出ていて

書店のどこにあって

いつ発売されたのかは正確に把握していました。

 都内の大型書店の中でも

群を抜いて優れていたのは

三省堂書店本店の店員さんでした。

 新宿の紀伊国屋八重洲ブックセンター

ジュンク堂の書店員とは一段違いました。

 141年同じ場所で続いた書店が

一時とはいえ

なくなるのは残念ですね。