SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

映画「Wの悲劇」の澤井信一郎監督なくなる。

news.yahoo.co.jp



  だいぶ昔の映画なのですが

Wの悲劇」の澤井信一郎監督がなくなりました。

昭和期の映画の監督です。

 この作品は女優薬師丸ひろ子さんの

映画の代表作でもあります。

原作はミステリなのですが

映画は原作とはあまり関係がないものに

なっていますね。

 作品発表時に

内容が

作家・翻訳家の常盤新平氏から

外国の小説からの

盗作ではないかという指摘があり

盗作ではないかどうかが

議論になりました。

 常盤氏を憎む作家の小林信彦氏は

根拠を挙げて盗作ではない旨を

コラムに書いています。

 私はそのコラムの本を

神保町の古本屋でみつけて

100円くらいで買って読みました。

 しかし、盗作かそうでないかについては

やや常盤氏に分があったかなと

思いました。

 小林信彦氏もその外国の小説からの

影響を受けていると認めていましたから。


 澤井監督のご冥福をお祈りいたします。合掌。