SNOWLOGの日記

日々読書、日々静かに暮らすことを目指すブログです。Twitterもやっています。

東京都内、お餅を喉に詰まらせ20代~80代の3人が救急搬送、二人が重体。

www.yomiuri.co.jp


 やぼな話は三が日は控えていました。

昔はお金を貸すことがありましたが

いまはそういうことはしません。

回収できなくなると困るからです。

 クリエイター志望の人にお金を貸したことが

ありますが、その人は亡くなって貸金は回収することが

できなくなりました。

 亡くなったのの原因は誤嚥ですね。

お餅がのどに詰まって窒息死したのでした。

まだ若かったです。

 「自分はスピルバーグよりも才能がある。」といっており

出版社に自作の小説を送り付けていました。

が、当然採用されるはずもありません。

「編集者に見る目がない。」と怒っていました。

「新人賞に応募したらどうですか?」といってみたことが

ありますが、「そういうのは嫌いだ。」といっていました。

わがままな人でした。

 当然なんだかんだで小説家デビューはかなわなかったと思います。

有名な同人誌の同人ではあったようです。

作品自体は面白くもなんともない作品でした。

中年になった晩年まで親がかりの身でした。

 わがままな人だったので、5月にどうしても餅を食べたいといいだして

親に餅を調達させて、餅食べたのですが、死んでしまいました。

 そのひとの隣の隣には病院があったのですが、救命はできなかったようです。

(間に合わなかったのか?)

 ということですが若くても餅が喉に詰まって

亡くなることがあります。

家庭内事故で亡くなる人は交通事故で亡くなる人よりも多いです。

 餅食べて亡くなる人は(高齢者が多いのですが)年に3500人くらいいます。

交通事故死(24時間以内になくなった)が年に2500人くらいですから

餅の方が車より危ないということになります。

 お餅を小さくちぎってゆっくり食べればいいと思います。

あと一人で食べないで、だれか家族と一緒に食べるのがいいですね。

 

 
吸引ノズルを用意しておくといいと思います。