SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

悪性格立証禁止の法理の例外というのがある。

friday.kodansha.co.jp


まあ悲惨な事件でした。

容疑者は成人ですが学生なので社会人になっていないので

大人とはいえないとおもいます。

 悪性格立証禁止の法理というのがありまして

めったに使われません。

日本では使われない。

 この悪性格~というのは

昔悪いんだから今も悪いんだろうってのは

認めませんよということです。

 昔子供のころ動物虐待していたりいじめっ子だったから

成人しても重大事件も起こすだろうってなことは

認めませんよということです。

 ただし例外もあります。

アメリカの裁判では認めることもあって

これは悪性格立証禁止の法理の例外と

されています。

 昔から悪いんだから

今も悪いんだろうってことです。

うむもっともだなってことです。

いいのかな。


 ここで卑近な例をあげてみますが

私の近傍でいじめっ子だったり意地の悪い子だったりしたのは

どうなっているのかというと

あまりろくなことにはなっていないな

というのはあります。


 スズメ100までではありませんが

長年つちかわれてきた

性格はなおらないものなのでしょう。

 だからといって

裁判で使うのはどうかと思いますが。

 前科や前歴あるのなら

わからないでもないですが。