SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

梅毒の感染数が過去最多、全国的に増加中。

news.yahoo.co.jp


 来週は冬至ですね。

横浜では初雪が降ったそうです。

寒いですね。


 コロナの感染は収まっていますが

こんどは梅毒が感染拡大のようです。

 インフルエンザも空気感染するやっかいな

感染症ですが

梅毒は性行為で感染します。

 なぜかしら21世紀になっての

感染拡大。

 コロナ蔓延で

することないから

屋内にいて

それで感染が拡大しているのか?

海外からの渡航者が持ち込んでいる

可能性もあります。

 生物の教師が授業中に

「あまり同情されない病気が

 性病と精神病だ。」

と放言して

当時は驚きました。

 今なら大問題でしょうね。

保険使って治療したら

記憶が残るので

公務員になるのは

難しいと聞きました。

本当なのでしょうか?

 戦後はペニシリンの普及で

駆逐されていた病気でした。


 芸術家には縁のある病気で

ニーチェモーパッサンゴンクール兄弟の弟は

梅毒で死にました。

オスカー・ワイルドも死因は梅毒による

髄膜炎といわれています。

 ニーチェは梅毒で発狂するまで

本も売れず経済的に困窮していたのですが

 発狂して看護を受けるようになってから

なぜかしら本が売れるようになって

家具付きの賃貸物件住まいから

自宅を建てるまでになったそうです。


 音楽家シューマンは諸説ありますが

梅毒で死んだといわれています。

シューマンは20代のころは放蕩者だったそうです。

シューベルトフーゴ・ウォルフや

スメタナドニゼッティも梅毒で

死んだといわれています。

 音楽への影響はあまりなし。

むしろ病中にもいい曲をかいています。

 日本では三遊亭圓朝宇野浩二

梅毒を患っていました。

 宇野浩二は回復して復活して

作風が変わりました。

芸術家の場合、病気の脳への影響は

わからないものです。