SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

作家・松本清張没後30年

news.yahoo.co.jp


寒いと精神的によくはないですが

暑いのもだれますな。

去年の9月頃は夏バテで落ち込んでいたと思います。

 さて、作家・松本清張が亡くなってから

今月4日で30年経ちました。

 連載を抱えたまま亡くなりました。

生涯現役であったということで

作家・小林信彦はこれを

「凄味がある」と評しました。

 
 清張は多面的な作家でしたが

やはり本領はミステリにあったとおもいます。

特に短編が上手かった。

 日本では短編が上手いと作家として評価されます。

日本とはそういう国です。

 小林信彦は長編にすぐれた作品がありますが

いまいち評価されていません。


 1992年は平和な年で

日本国内では大事件もなかったと記憶しますが

PKO自衛隊派遣で国会がもめたのと

 竹下派で内紛が起きて分裂したくらいか)

夏はけっこう暑かったと記憶します。

 具合を悪くして

池袋の東口のリブロ(書店)の入り口のところで

倒れてしまいました。


 松本清張もその頃に亡くなったのですね。

享年82だったから大往生の方です。

 清張の全集が港区立麻布図書館にあって

それをぽつりぽつりと読んでいました。

その矢先でしたね。