SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

俳優の古谷一行さんが死去。

news.yahoo.co.jp


俳優の古谷一行さんが亡くなった。

享年78。

 昨月の23日に亡くなったようで

葬儀は家族だけで済ませたようである。

今日発表したのは何か意図があるのかな。

 古谷さんといえば

テレビドラマの名探偵・金田一耕助である。

映画ではパロディのようなのが1本あったと思う。


 私はSFも読んでいたが

ミステリも日本のものも含めて読んでいた。

乱歩、正史、清張にもちょっとうるさい。

 原作を読んでいて名探偵・金田一耕助のイメージにもっとも

近い俳優は石坂浩二さんであると断言する。

 まずは金田一耕助は「知的」であるというイメ―ジがある。

ついで「飄々としている」というイメージも大きい。

さらには「痩身」である。

この三つのイメージに一番近い俳優は映画で金田一を演じた石坂さんである。

 しかし、金田一探偵=古谷一行というイメージが強いのは

やはりテレビの影響だろう。

 70年代ドラマの横溝正史シリーズの古谷・金田一

ぽっちゃりしていて温もりを感じさせる。

また語り口に力がこもっている。

 これは原作にはない魅力なのだろう。

原作読んでると違うんじゃないかなとおもっていたが。

 映画としては傑作だが金田一のイメージにあっていなかったのは

西田敏行さんだったが、東北出身という設定はあっていたと思うし、

映画としては良かったと思う。

 近年の稲垣吾郎さんはなかなか健闘していると思う。

「知的」「飄々としている」「痩身」なのである。

古谷さんには長生きして老探偵を演じてほしかったが

万年青年の金田一耕助を演じるのには

限界があったのだろう。

しかし、ドラマは繰り返し見続けられるであろう。
 

古谷一行、東京生まれ、享年78。

合掌。