SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

「当たり前のことを当たり前にやる」は使用禁止にするべき?

diamond.jp


 ちょっと古い記事のことですが。

私には苦手な言葉がいくつかあります。

「一か八かやってみろ」「大丈夫なんとかなる!」

なんかが苦手です。

 あと「当たり前のことを当たり前にやる」も苦手です。

これを言い出したのは

パナソニックの創業者の松下幸之助氏であると

モノの本で読んだのですが

本当なんですかね?


 あとサイト見てて

5つのポイントとか原則とか条件いうのも

苦手ですね。

 1つでさっと語ってほしい。

9とか10あるとそのサイトを読む気が失せます。


 ちょっとそれました。


 「当たり前のことを当たり前にやる」は

元同僚の口癖でした。

この人は酒飲んでガハハの豪傑大雑把タイプで

私はこの人がが苦手だったので

このことばも苦手となりました。

 その人はのちに会社を辞めて

選挙(地方の)に立候補して

「当たり前の選挙戦を当たり前にやる」

といっていましたが落選しました(3回)。

現在は起業して生活してるようです。

 無理だろうと思いました。

だいたい「当たり前のこと」になっているという前提がないと

当たり前にできないはずです。

 その「当たり前のこと」は誰がどこでいつ担保しているのか?

そういうのがわからないんじゃないですか?

 ならば何人も当たり前にやることは

不可能でしょう。

 様々な前提条件をはぶいた

無責任な言葉だと思いますね。

(私怨や不満も入っています。)