SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

また、おかしな夢をみた。

 
  昨日のブログで

おかしな夢をみたことを

書いたが

また、変というか

おかしな夢を見た。


 以下は夢の中の話です。

葬式をやるというので

葬儀やる建物に向かったが

その建物は病院だった。

 病院で葬式もやるのか?とおもったが

夢の中ではそういう疑問もない。

巨大な病院の建物である。

 亡くなったのは高校の教師であるようである。

とはいうもののその先生の名前は知らない。

他の先生ともあった。

いっしょに葬式の行われる部屋に行くという。

「5C」という部屋で葬式は行われるとのことである。

その「5C」に行こうとするが

どうしても「5C」には行けない。

「5C」は5階の部屋だと思って

5階に行こうとするが

8階にいったり3階にいったりしてで

なかなか5階にはいけない。

5階にいっても「5C」という部屋はないと

いわれる。

 巨大な建物なのでエレベーターやエスカレータまで

あるのだが

どれに乗っても「5C」にはたどり着けない。

 いっしょにいた高校の先生はいつのまにか

いなくなってしまった。

 まよって病院の職員にきいてみても

要領を得ない。

ついに「5C」には行けなかった。

病院の中は暗かった。

以上が夢の中での話である。


 なかなか目的の場所に行けないのは

カフカの「城」みたいな話である。


 年に何回かはこういう夢をみる。

建物に行けないか

建物から出られないという夢である。

学校、病院、お寺、旅館などが多い。

病院がいちばん多いとおもうが

それは現実に

子供のころから病院に

よくいっていたからだろう。