SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

旧統一教会、「刑法に抵触する可能性」 被害者救済法案

news.yahoo.co.jp


 なぞのタイトルですが

ざっくりいいますと

宗教法人への解散命令は刑事事件になっていないと

国としては解散命令は出せないというのが

今のところ国の解釈となっているのを

野党はそれはおかしいじゃないかと

いってるということです。

 民法不法行為であっても

宗教団体への解散命令は出せる(と

解釈できる)と解釈が正しいということで

 さんざん不法行為を行ってる

団体への解散命令が出せないのでは

被害者も浮かばれないではないかと

いうことです。

 もとになっているのは

平成8年のオウム真理教事件への判例ですね。

中では「刑事事件等」がもとになっていますから

この「等」には民事の事件の方も含まれる

ではないかということです。

 しかも今般の当該団体は刑法にも抵触しかねない

事件も起こしている悪辣な団体ではないかということです。

 そこを政府としては汲み取っていただきたいというのが

野党のいいたいことです。

 解散命令だされても

法人格がなくなるだけ(打撃は大きいでしょうが)

なので信教の自由には抵触しないだろうって

ことです。

 実際にオウム真理教の後継団体は

今も活動続けています。