SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

再掲、ぜんそくの治療薬で新型肺炎対策。




snowlog.hatenablog.com


 うちの家系で亡くなっている人は

圧倒的に肺炎で亡くなっている。

  気管支ぜんそくや気管支炎肺炎を患った人も多い。

祖父と曽祖父は気管支ぜんそく患って

最後は肺炎で亡くなった。

 アレルギー症状の多い人もいる。

アレルギーと癌とはなにか無関係の関係というか

アレルギーの患者は癌にはなりにくいのか

今のところうちの家系で癌で亡くなった人はいない。

 曽祖父曾祖母よりも前の時代の人たちについては

確認のしようがないのでわからない。

曾祖母も長生きして肺炎で亡くなった。



 さて記事にあるオルベスコであるが

昨年から品薄になってなってしまっているようである。

ぜんそく患者が急激に増加するわけもないので

年配者が多めに処方してもらっているような気がする。

 オルベスコは新型コロナウイルス肺炎に効果があるという

記事が出たからか。

 わらをもつかむおもいなのだろう。

たしかに人は死なないほうがいいが

本当に必要な人に行き渡ったほうがいいのではないか。

 効くという記事が出て品薄になるのだから

プラシーボもあるのではないかな。

 まあオルベスコには代替のがあるからいいが

慣れている人にとっては

オルベスコがいいと思う。

 はやく新型コロナ収まれと思っている。